1. トップページ
  2. 施術部位別の失敗談
  3. お目元
  4. 二重術後、目の開きが悪く、眠そうな目にな...

サイト内検索

二重術を受けて二重になったけど、「眠たそうな目になった」「幅を広く作りすぎた」など不自然な二重になってしまったと相談に来る患者様のお悩みはよくあります。

考えられる理由は何でしょうか。

今回は二重術後における失敗の原因について詳しく解説していきます。

5983219899_d57a2e1e65_b

患者様からのお悩み

二重術後、目の開きが悪く、不自然な目になってしまいました。

私は元々奥二重でしたが、10代の頃に二重切開法で二重にしました。

手術をしてもう10年近くになりますが、手術後1年経った頃から家族、友人、知人によく「眠たいの?」「眠たそうな目してる」と言われます。眠くはないんです。

鏡で見てみると半分くらい黒目が隠れている感じです。二重にする前はそんな事言われた事がありませんでした。

何故なのでしょうか? 改善方法はありますか?

※患者様からのご相談より

一人一人目の構造は違うという認識を持つことが必要

患者様の多くは二重の仕組みがどうなっているかという知識はありません。

その為、多くの患者様が意識しているのは、二重の幅の広さや、二重の形です。

単純に広い二重にしたい、平行型の二重にしたいという希望の患者様が多いのです。

しかし、患者様の目の構造によっても作れる幅の限界値も違いますので、幅の広い二重に出来るか、自然な平行二重になるかは、患者様の目の構造によって違ってきます。

その為、患者様の目の構造を加味せず安易に広い幅で作りすぎると、今回のお悩みのような失敗に繋がります。

二切違いがあるよ

上記は、二重切開法を受けられた患者様4名のお写真です。(※全て術後3ヶ月)

当院では、カウンセリング時にしっかりと二重のシュミレーションを行い、患者様に最も適した二重幅をご提案させて頂いております。

二重の構造を熟知した医師かどうかを見極める目を養いましょう

広い二重を希望する患者様も多いため、医師も感覚が麻痺してきて、安易に広すぎる幅で作ってしまうケースが多いような気がします。

又、適切な二重幅をシュミレーションするには熟練した技量も必要ですし、二重の構造を熟知したうえで手術を行ってもいる医師も、意外と少ないのではないかという印象を受けます。

こちらの記事では二重のシュミレーションの大切さについても記載しておりますのでご参考にしてください。

せっかく二重の手術をしたのに、しっかりと食い込みません。 取れてますか?原因は何ですか?どうしたら良いですか。

行った手術が二重切開法である場合は、残念ですが修正は難しいでしょう。

二重埋没法の場合であれば、修正は可能な事が多いので、信頼できる医師に相談してみると良いでしょう。

幅選びが成功・失敗の分かれ道

二重の手術を受ける際に、患者様が最も気にしなくてはいけないのは、二重の幅選びです。

言うなれば、幅選びに始まり幅選びに終わるという位、幅選びが成功、失敗の分かれ道に繋がります。

又、幅を選ぶ際には、患者様も二重の仕組みというものを理解する必要があります。

二重の仕組みをわからないまま、ただ広い二重にしてしまうと失敗に繋がるリスクがとても高くなります。

自分自身が二重の構造を理解した上で幅を決めていくことが重要

修正依頼に来院される患者様から話をお伺いすると、対して説明もないままに患者様の希望を聞いて幅を決めているようなケースが多いようです。

患者様は医療的な知識があるはずもなく、これでは失敗に繋がってしまうのも無理はありません。

当院での場合になりますが、まずは患者様に二重の仕組みを目の解剖からわかり易く説明していきます。

そして希望のラインも含め、何パターンかの二重幅をシュミレーションして、それぞれの幅に対する説明を行っていくようにしています。
最終的にどのような幅を選ぶかは患者様次第になりますが、良く分からないで選ぶのと、良く理解して選ぶのでは全然違ってきます。

では、患者様がおっしゃる、「目を大きくしたい」「パッチリさせたい」とは何を指しているのでしょうか?
皆様なんとなくのイメージであって、どこをどうしたいという事を明確に答えられる患者様は少ないですね。

以下に二重の仕組みから説明していきますので、興味のある方はご参考ください。

一重瞼・二重瞼の仕組み

一重の仕組み

瞼板(A)といわれる軟骨のような硬くて細い板状の組織に、眼瞼挙筋(B)といわれる目を開く為の筋肉が付着しております。

この眼瞼挙筋(B)が瞼板(A)を引っ張り上げることで開眼します。

瞼板(A)が引っ張られると相対的に瞼の皮膚は②の方向へ垂れ下がってしまう為、黒目は皮膚が覆いかぶさり、あまり見えていない状態になります。

一重のしくみ

二重の仕組み

二重になる方というのは、眼瞼挙筋が枝わかれして皮膚のほうまで伸びて付着しています。

このような構造の場合、眼瞼挙筋(B)が瞼板(A)を引っ張り上げ開眼する際に、同時に眼瞼挙筋(B)の枝が、付着している皮膚を引き込むため、図のように折り重なりが出来て二重となるのです。

このときCの地点(瞼縁)が上に持ち上がることで、正面から見て黒目が大きく見えるようになります。

要は、一重の時には垂れ下がってしまっていた瞼の皮膚を、眼瞼挙筋の枝が付着している部分の皮膚を引き上げることで、正面から見て黒目が大きく見えるようになるのです。

二重のしくみ

このように、二重になることで黒目がしっかり見えるようになることが、パッチリといわれる状態なのです。

二重幅と黒目の関係性とは?

幅を広く作りすぎると何故パッチリしないのか

次に幅を広く作りすぎると、何故パッチリしないのかを説明します。

以下の図を見てわかるように、皮膚が食い込んでいけるスペースには限りがあります。

このスペースはアイホールといいます。

eyeホール

このアイホールが狭い方の場合、広い幅で作成してしまうと食い込んでいく事が出来ないため、食い込めなかった分だけ、眼縁の位置が下がり黒目が見えなくなってしまいますね。

この状態だとパッチリどころか眠たそうな目になってしま︎います。

ぱっちり

二重が食い込む事で、瞼縁の位置も上がり黒目をしっかり見えている。

眠たそう

骨にぶつかって二重が食い込む事ができないため、瞼縁の位置が上に上がらず黒目が見えていない状態。

以上の事より、アイホールの広さ次第で施術可能な二重幅が決まって参ります。

二重術の幅提案は、スッピンの顔が基本

お化粧した時の二重幅に合わせると、スッピンでは不自然になってしまう可能性も

患者様が希望するイメージでのパッチリとは二重幅を広くする事なのか黒目を見せる事なのか、患者様自身も整理して考える必要があります。

良くあるケースとして、普段アイプチで幅広い二重を作り、その上にメイクをかぶせて目を大きくしている方がいらっしゃいます。

そのような患者様は、アイプチで作っている二重幅を希望するケースがあります。

その幅で作成することは簡単ですが、必ず患者様には以下の事を伝えるようにしています。

広い幅で二重にして眠そうに見えている状態でも、そこにメイクをかぶせる事により目は大きく見えます。

ただし、スッピンでは不自然な眠たそうな目になります

本来、美容整形はスッピンでの顔を作成するものです。

スッピンでは不自然でもメイクをしていれば良いのであれば問題ないという、患者様の強い確信があれば良いのでしょうが、このような事を理解し納得しないまま手術をするとイメージと違うなどの失敗に繋がってしまいます。

眠たそうな広い二重とは?【写真解説】

以下の写真は眠たそうな広い二重のメイクなし、メイクありの写真です。

見てのとおり、スッピンでは不自然な眠たそうな目でも、メイクしてカラーコンタクトなどを装着するとお目元全体としては大きく見えるのです。

1wメイク・メイクなし

最終的に、どのような幅を希望するかは患者様の好みです

中には、眠たそうになっても良いから広い幅で希望する患者様もいらっしゃいます。

感性は人それぞれですから、周りから見て眠たそうな不自然な二重でも、ご本人が気に入っているのであれば問題はありません。

しかし、良く分からないままに、安易に広い幅で作ってしまう事が、今回のような失敗に繋がっている原因と考えられます。

二重術のカウンセリング時に注意すること3つ

1、カウンセリングでしっかり説明してくれる医師を選びましょう

修正依頼の患者様からの情報ですと、カウンセリングが数分で終わってしまうケースが多いようです。しっかり丁寧に説明をしてくれる医師を選びましょう。

出来れば、二重の仕組みからわかり易く説明してくれる医師ですと安心ですね。

2、幅選びは慎重に

希望の幅以外にも何パターンかシュミレーションしてもらい、それぞれの幅について医師からのアドバイスを受けましょう。

医師任せにせず、ご自身も良く理解して選ぶことが大切です。

こちらの記事も参考にすると良いでしょう。

色々なネーミングがついている埋没法、実はどの手術も差異はないのです

この記事で取り上げている二重の施術について、
詳しく知りたい方は以下をご覧ください。

二重手術「埋没法」の施術(水の森美容外科 公式サイトへ)
二重手術「切開法」の施術(水の森美容外科 公式サイトへ)
目の総論(水の森美容外科 公式サイトへ)

    大事なお顔を扱う美容整形の手術ですので、良いクリニックを選び、満足いく結果に繋がると良いですね。
    安易な広告のキャッチフレーズに惑わされず、自身でも良く知識を身につけて医師を選びカウンセリングを受けることが大事です。

2017.09.27

お目元