1. トップページ
  2. 美容整形の裏事情
  3. 瞼の厚みは本当に脂肪ですか?「瞼の脂肪取...

サイト内検索

「鏡で見るとなんとなく腫れぼったい」

「むくんでいる」

という見た目の印象から瞼の厚みを減らしたいと訴える患者様は少なくありません。

こう言った患者様からのご要望も多く、瞼の脂肪取りを勧めるクリニックも増えています。

ですが実際に脂肪を取ることで瞼の厚みは解消され、理想の二重を作ることができるのでしょうか。

当記事では、瞼の厚みや脂肪取りについて詳しく触れ、二重術の際に本当に脂肪取りが必要であるかどうかを解説していきます。

prp_nedir

患者様からのお悩み

二重のカウセリングにいったときにドクターから瞼が少し厚いから瞼の脂肪取りをした方がいいと言われました。

だけど、だけど私は普段、二重になりたくてアイプチを使っています。

目元が濡れない限りはアイプチはしっかり食い込んで取れませんし、アイプチを取っても二重のラインは残っています。

それでも瞼の脂肪取りをした方がいいでしょうか?

ドクターには、瞼の脂肪取りをしないと埋没法の手術ができないと言われています。

今回の患者様の目的は二重のカウンセリングでした。

その際に瞼の脂肪取りを勧められたということですが、最近ではこのようなご相談は多いように思えます。

しかし、結論から言うと瞼の脂肪取りは効果が出ないだけでなく、将来的な目の窪みにも繋がるため、行ってはいけない手術なのです。

以下、目の構造や瞼の窪みの原理について私、院長竹江が詳しく解説いたします。

瞼の脂肪取りの真実と嘘

瞼の脂肪取りを勧めるクリニックには︎要注意

日本人は西洋人に比べて、瞼の皮膚が厚い方が多い人種です。

そのため、

「瞼の厚みを減らしたい」「腫れぼったい目元が嫌だ」

という希望を訴える患者様は少なくありません。

そういった事が背景にあり、瞼の脂肪取りを行うクリニックも多いように思えます。

しかし、瞼の脂肪取りは効果が出ないだけでなく将来的な目の窪みにも繋がるため、行ってはいけない手術です

行っている医師に関しては、そういった知識がないか、あるいは商売的な目的で勧めているかのどちらかになります。

悪質なクリニックでは、脂肪を抜いたといって実は抜いていないというケースもあります

実際、瞼の脂肪取りの手術は二重の手術と組み合わせて行う事が殆どなのです。

また、患者様は二重の変化に目がいく為、実際に瞼の脂肪取りのを行ったのかどうかの判断をするのが難しいです。

その為、悪質なクリニックでは、全員に瞼の脂肪取りを勧め、脂肪の多くない人には脂肪ではなく組織を少しだけ取って、脂肪をとったふりをしているという事もあります

以下に、実際に瞼の脂肪の写真を掲載しますので、どうしても脂肪を取りたいという患者様は、抜いた脂肪を見せて頂き、下の写真と比較すると良いでしょう。

脂肪

この際に、抜いた脂肪を見せる事を拒否した場合は、脂肪を抜いていない可能性もありますので注意が必要です。

瞼の脂肪取りとは?

瞼の厚みは何?脂肪取りの解剖学理論

瞼の脂肪取りの効果がないのか、あるいは行ってはいけない手術なのかを、目の解剖学を踏まえて説明していきます。

まずは瞼の厚みというものは、脂肪によるものと考えている患者様が多いようですが、そうではありません。

日本人のほとんどの方が、皮膚や、皮下組織ROOF(瞼板前組織)といった組織の厚みで構成されています。

bb923937b9ab91b20f6c6e813a1d8250
又、日本人は西洋人に比べ眼球が出ている為、瞼が眼球で前方に押し出されてい方が多く、どうしても瞼が厚く見えてしまうのです。

殆どの患者様が、自分の瞼は厚みがあると思っているようです。

こういった心理の元、悪質なクリニックでは、平気な顔をして脂肪取りを勧めてくるので、患者様もしっかり瞼の仕組みを知っておかなくてはいけません。

クリニックが勧める瞼の脂肪取りとはどういったものなのか

図のように頭蓋骨の眼窩といわれるスペースに眼球が収まっていて、その眼球を保護するように脂肪が存在します。

この脂肪を眼窩脂肪(がんかしぼう)といいます。

瞼の脂肪取りとは、この眼窩脂肪を抜く手術になります。

ded7c9c14c680a9c912b01d81b0860eb

その為、図からもわかるように、患者様が気にされている瞼の厚みは、眼窩脂肪を抜いても解消しないことがわかるかと思います。

つまり、眼窩脂肪の除去に関しては、医師の知識がない状況で行われているか、あるいは商売目的で行われているかになります。

眼窩脂肪は加齢と共に、重力の関係で奥に凹んでいきます

年齢を重ねると共に、目の上が窪んでくる方も少なくありません。

脂肪取りは、この目の上の加齢減少による窪みの変化を増長させるのです。

ad0ab4d63f0465aea714d3a106dd5668

実際に、目の上の窪みが強く出てしまうと以下の写真のように、二重にすらならなくなってしまうのです。

くぼ

こう考えると、瞼の脂肪取りは「百害あって一利なし」という事になります。

しかし、中には瞼の脂肪取りの効果が出る方もいらっしゃいます

眼窩脂肪の多い方の場合ですと、眼窩脂肪が瞼のほうまで落ちてきている場合があります。

こういうケースでは、患者様の気にされている厚みの部分に眼窩脂肪の要素が関係している事になるので、瞼の脂肪取りの効果による厚みの減少は期待できます

眼窩脂肪の多さには個人差があるため、正しく見極める事の出来るクリニック・医師を選択されることをお勧めします。

瞼の厚みと眼窩脂肪の関係の見分け方

重力・瞼のむくみの原理について

瞼の厚みが皮膚や皮下組織、ROOFによるものだけなのか、眼窩脂肪が関係しているのかを見分ける方法をお伝えします。

下図のように、人間は立って行動しておりますので、その際に血液は、重力に逆らって心臓から頭に向かって血液を送り込んでいます。

その為、頭の血行はよくありません。
寝ているときは、頭と心臓は同じ高さにあるため、重力の影響を受けず、頭の血行が良い状態です。

その為、朝起きた時は顔や目はむくんでいるはずです。

夜になってくると少しづつむくみがとれてスッキリしてきます。

このように、人間の顔や目のむくみは日内変動するのです。

むくみ
め

※水色部分が眼窩脂肪です。

このように考えると瞼の厚みが、皮膚、皮下組織、ROOFだけで構成されている人に比べ、眼窩脂肪が落ちてきていて厚みの要素に関係している人で比べると、後者の方は日内変動の影響が受けやすいという事になります。

すなわち、朝は瞼のむくみが強く、夜はスッキリしているような方は、脂肪取りの効果が期待できる可能性があるという事になります。

眼窩脂肪と日内変動のしくみ

e3b3b1a15b520bf5ee20a82406e51e53
※水色部分が眼窩脂肪です。

しかし、眼窩脂肪というのは、非常に柔らかくフニャフニャした脂肪です。

実際に、眼窩脂肪を抜いたとしても、厚みが減るまでには至りません。

朝のむくみが軽減される程度です。

稀に皮膚や皮下組織、ROOFが薄く、眼窩脂肪が多いことで厚みがある方もいらっしゃいますので、そのような方であれば厚みは減少するかと思いますが、近い将来で確実に目の上が窪むことになるでしょう。

瞼の脂肪は年齢と共に奥に凹み、朝のむくみも大人になっていくにつれ、次第に解消されていきます。その為、むやみやたらに除去してはいけません。

どうしても除去したい場合は、親身に考えてくれる医師のもとで、良く話し合って慎重に検討しましょう。

脂肪取りを検討している方に、お伝えしている事

瞼の重みは、瞼の厚みではありません

患者様は、瞼の脂肪が多く、瞼の厚みがあって重たそうな目をしていると考えている方も少なくありません。

しかし、この重たいとは何なのでしょう。

患者様は瞼の厚みと考えてしまうようですが、そうではありません。

実は、一重や奥二重の方では、黒目があまり見えていないため重たそうに見えている事が多いのです。

こういう方は、二重にしたり、二重の幅を広げることにより、重たそうなイメージが改善されます。

二重の手術というのは、黒目を大きく見せることに本来の意味があります。すなわち一重の方や奥二重の方は、二重にしたり、二重の幅を拡大することで黒目が大きく見えて、スッキリ見えるようになるのです。

実際に瞼の厚みが減っているわけではないのに、スッキリしてみえるようになります。
以下の症例写真を見るとわかるように、一重の方が二重になることで目元がスッキリして見えるかと思います。

mememe

このような理由から、二重の施術に脂肪取りの手術を勧めて、実際に脂肪を除去していなくても、患者様にはバレないという事になるのです。

二重の幅を広くする際に気をつけなくてはいけない事

瞼の皮膚はまつ毛側より眉毛側のほうに行くほど厚みが増していきます。

あまり広い幅で作りすぎると、皮膚の厚みがあるところで二重になるため、余計に厚みが増して見えるようになってしまいます。

下記の症例写真を見てみるとわかるかと思います。

術前に比べ、術後の方が瞼の厚みが増しているように見えています

幅広

二重は、やみくもに幅を広げれば良いというものではありません。

患者様の好みや希望を考慮した上で、瞼の厚みや、黒目の見え方なども含め、微妙な幅を調整して提案するというのが、医師に求められる技量です。

これは、簡単なようで、的確に出来る医師は意外と少ないのです。

その為、適当にしたのは良いけれども、瞼が厚くなってしまった、不自然になってしまったという失敗は多いと思います。

こういった技量のない医師達が、クリニックの利益のために、患者様に必要のない瞼の脂肪取りを勧めているケースが非常に多いといえます。

美容外科の医師達は、利益の事ばかり考えるのではなく、もっと医療の技術というものに切磋琢磨しなくてはいけませんね。

最後に、実際に瞼の厚みに関係しているROOF(瞼板前組織)を除去するという手術について説明します。

こちらはタブーな領域の手術になるのですが、実際に行う医師も少数いるようです。

実際に成功すれば厚みは減ります。ただし、上手くいかなければ最悪の状態にもなります。

又、技術があるから絶対に上手くいくという手術でもありません。

ROOFの除去とは

患者様が気にしている瞼の厚み部分というのは目を閉じたときにある二重のラインより上側の皮膚の厚みであるかと思います。

この部分の組織を二重のラインから眉毛付近まで剥離して除去することになります。

しかし、剥離をして除去するという事は、その部分全体が皮膚の中で傷となるわけです。

人体は傷が回復する際に、瘢痕(はんこん)というものを作り癒着して回復します。

img20111101113931876
※医療WEBページより引用しております。

切開ラインよりも広いところに癒着が出来ることになります。

ROOFといわれる組織は、皮膚や皮下組織のすぐ下にある組織です。

すなわち皮膚に近い、浅いところにある組織なのです。皮膚に近い浅い部分に瘢痕や癒着が出来ることで、不自然な二重のラインが出たりする可能性が高いのです。

二重の幅とは、構造上広い部分に出来た二重のほうが優位になるように出来ています。

その為、あり得ない広い部分に不自然な二重のラインが出てきてしまう可能性があります。

どんなに丁寧に手術をしても、瘢痕や癒着が出来ないことはないので、こういったリスクが予測不可能に起こり得てしまうという事になります。

又、このように広いところに不自然に出来た二重のラインは、まず治すことが出来ません。

このようにROOFの切除というのは、タブーな領域の手術になるのです。

水の森美容外科公式HP 瞼の脂肪取り詳細はこちらよりご覧ください。

    患者様の気にする瞼の厚みというのは、実際に厚みを減らすことではなく、適切な位置で二重を作ることで、ほぼ改善できます。安易に、脂肪取りなどを選択せず、信頼できる医師を選ぶことが何よりも大切なのです。

    当院HPでは、お目元の治療について詳しくご説明しておりますので、是非とも御参考下さいませ。

2017.05.03