1. トップページ
  2. 全記事一覧

サイト内検索

脇汗が完全に止まらないのですが、これは失敗ですか?

気になる脇の汗。その『汗を発生させる原因を100%排除してしまいたい』そう思う方は沢山いるでしょう。しかし、それは皮膚を気づ付ける行為なんです。汗を減らしながら、皮膚へのダメージを最小限に。両方が患者様の不満につながらないために患者様自身が知っておくべき事とは。東京新宿院院長の津田が解説させていただきます。

2020.12.22

わきが・多汗症

> 詳細を見る

顎のプロテーゼの手術をしたのですが物足りません。入れ替えは出来るのでしょうか?

顎を変えるだけでより美人な顔へと変化させることができる【顎プロテーゼ】。せっかく施術をしたのに、小さすぎる・大きすぎる!!とそれぞれの不満を抱くケースがあります。どうしてそんな失敗が起こるのでしょうか?そこには医師の技術不足・患者様の意思がしっかり伝わっていないなどクリニックや医師側に問題があることがほとんどです。そんな失敗をしないための秘策を水の森美容外科総院長 竹江渉が分かりやすく説明致します。ぜひご覧ください。

2020.10.18

輪郭・小顔

> 詳細を見る

鼻の手術後、希望の高さとは違う。高すぎる、低すぎる。

芸能人やモデルのようなスッとした高い鼻筋に憧れてプロテーゼを挿入。しかし、“希望よりも高すぎてしまった(低すぎてしまった)”という経験はありませんか?今回は、お鼻の高さが希望と違う場合の3つの原因と、自分の骨格に合わせた世界に一つしかないプロテーゼについて、水の森美容外科名古屋院院長の西川陽平が、図と画像を解しながら詳しくご説明させて頂きます。 既にプロテーゼが入っているというかたも必見です。是非ご参考下さいませ。

2020.10.17

お鼻

> 詳細を見る

唇にヒアルロン酸を入れたら大きくなりすぎてしまいました。元に戻せますか。

女性を色っぽく魅せる“厚い唇”憧れを抱いている方も多いのではないでしょうか?たった5分で憧れのぷっくり唇を手に入れれると、ヒアルロン酸でのプチ整形は年齢問わず高い人気を誇っております。しかし、正しい注入量を守らないと「希望よりも大きくなってしまった」「分厚すぎて不自然」といった失敗に繋がる事も。今回は、このような分厚くなりすぎてしまった失敗の原因について、水の森美容外科大阪院院長の田川大地が詳しくご説明させて頂きます。どうぞご参考になさってください。

2020.01.16

プチ整形 口元周辺

> 詳細を見る

時間の経過と共に鼻のプロテーゼがずれてしまった。これは失敗なのでしょうか?

時間の経過と共に鼻のプロテーゼの位置がずれてしまった。触ると何だか動く気がする・・。これは、失敗なのでしょうか?と、他院修正でお越しになる患者様よりよく耳にするお悩みです。今回はプロテーゼがずれてしまう3つの要因を、水の森美容外科名古屋院院長の西川陽平が、図を解しながら詳しくご説明させて頂きます。 鼻は顔の中心部なので、少し鼻筋を通すだけでもグッと顔のバランスがよくなります。是非ともご参考ください。

2017.10.16

お鼻

> 詳細を見る

二重の手術をしましたが、明らかに整形顔になってしまいました。 どうしてこんなことになるのですか?改善方法はありますか?

パッチリした目元に憧れがある、奥二重の幅を広くしたい、など二重の手術を検討される方が増えています。 プチ整形の代表として人気の二重手術ですが、中には「術後、明らかに整形顔になってしまった」という声があるのも事実です。 ど…

2017.10.16

お目元

> 詳細を見る

鼻のヒアルロン酸注入で3、4年持つと言われたのに、半年で無くなってしまった。レディエッセを入れたのに半年で無くなってしまった。

皆さんは、【レディエッセとヒアルロン酸の違い】をご存知でしょうか? “レディエッセは無くならないもの”“ヒアルロン酸は吸収してすぐ無くなってしまうもの”そう思っていませんか?今回は、それぞれの製剤のホントのところ・修正方法の違いなどについて、水の森美容外科名古屋院院長の西川陽平が詳しくご説明させて頂きます。今後、プチ整形を検討しているという方は是非ご参考になさってください。

2017.10.12

お鼻 プチ整形

> 詳細を見る