1. トップページ
  2. 施術部位別の失敗談
  3. 痩身・ボディ
  4. 脂肪吸引をしたが、吸引前とサイズが変わっ...

サイト内検索

lgf01a201311271700

患者様からのお悩み

太ももの脂肪吸引をして今日でちょうど1ヶ月になります。 元々の体重は標準以下だと思います。 体重はともあれ、体型を変えたくてこの半年、1日も欠かさず、筋トレ、体幹トレーニング、カ-ヴィダンス等を三時間弱頑張ってきました。 そのおかげでウエストには綺麗なくびれと腹筋ができました。 サイズはウエスト57センチ。に対して太ももの一番太い部位で50センチ超え(´;ω;`) もうどうしようもなく脂肪吸引の選択をしました。 今の状態は、痛みは少しあります。傷痕もあります。皮膚の違和感はありますが凸凹はありません。 ですが肝心のサイズなのですが左足で47-8センチ。右足が49くらいです。 びっくりするくらいサイズダウンしてなくて泣きたい気分です。 高いお金出して痛い思いして、それで結果がこんなもんって… クリニック側には1ヶ月でほぼ完成になりますと言われてしまい… これ以上のサイズダウンは無理なのでしょうか? サイズを測ってはため息の毎日です。 この先、まだ細くなるというコトは望めるのでしょうか?
私の近しい人で同じように太ももの脂肪吸引をした人がいます。やはり変わらなかったようです。

それを不満に思ったようですね。
クリニックに電話してみたらとりあえず3ヵ月くらい様子を見て下さいと言われたようですが、それでも変わらず、再手術をお願いしようと手術をしたクリニックに行ってみても「これ以上無理」と言われました。
らちがあかないと思い他の支店を転々としたようですが、どこも一緒だったようです。

どうすればいいのか聞くと「有酸素運動を」と言われたようです。
それなら手術しなくても一緒じゃん。みたいな感じですね。

※患者様からのご相談

脂肪吸引1ヶ月後の一般的な状態としては、硬さ(拘縮)を感じるものの、細さは出ているケースがほとんどです。 仮に、浮腫みがひどい方であれば大きな変化を実感されていないという事も考えられます。 その場合は2.3か月様子を見てください。 ただし、一般的な浮腫みであれば、残念ですが、それ以上の大きな変化は望めないでしょう。 このように、脂肪吸引をしたのに変化がないという術後の不満を耳にすることは少なくありません。何故、クリニック側はしっかり脂肪吸引を行っているのに、患者様としては変化を実感しないという事が何故に起こり得るのでしょうか。 以下に脂肪吸引の仕組みを交え、このような不満が起こり得る理由を解説していきます。

「細さを実感」するために必要なこと

少々の吸引では見た目に変化はない

脂肪吸引とは、小さな穴から吸引管で脂肪を取り除く手術になりますが、少々脂肪を吸引したからといって、見た目に大きく変化が出るわけではありません。 又、どの程度まで脂肪を吸引していくかは、クリニックにより様々です。 当然、吸引量の少ないクリニックでは、「脂肪吸引をしてもサイズが変わらない」という不満は多数起こり得るといえます。

例えば以下のように体格の違う2名の患者様の例を挙げて説明いたします。

元々太めのAさん【脂肪量5000cc】
吸引したの脂肪量:3000cc
残りの脂肪量:2000cc
見た目の変化:わずか

元々細めのAさん【脂肪量3000cc】
吸引したの脂肪量:2500cc
吸引後の脂肪量:500cc
見た目の変化:細さを実感

Aさんのように、全量が5000ccの脂肪が付いている患者様の場合に3000ccの脂肪を吸引したとしても、伝えられる吸引量の3000ccというのは、それなりの量に感じますが2000ccも残っているため、写真上の変化としてはわずかなのです。

逆にBさんのように、全量が3000ccの脂肪が付いている患者様の場合に2500ccの脂肪を吸引したとすると、500ccしか残らないため、Aさんよりも脂肪の吸引量は少ないもののしっかりと変化を実感することができます。

このように元々太い方の場合ですと、当然吸引量も多くはなりますが、そこそこの吸引量では見た目に大きな変化は出ないといえます。

細さの実感は吸引量ではない

写真上の変化を出すために大事なのは、その方なりにギリギリまで吸引していく事が大事となります。 当然、個人によって元々付いている脂肪量は違いますので、ギリギリまで吸引した結果の吸引量は違ってきます。 5000ccの容量がある方の場合ですと4000cc以上、3000ccの容量がある方の場合ですと2500cc以上の脂肪を吸引していかないと、見た目の変化としては乏しいものになります。 写真上で、目に見える変化を出すためには、それなりのサイズダウンが必要となります。

つまり、サイズを測定して、少々細くなる程度では、写真上での見た目の変化はあまりないものと思います。

実際、術前術後の写真を比較して、殆ど変わっていないという患者様の場合でも、サイズを測定すれば、少しは細くなっているはずです。 脂肪吸引を行ったのに満足のいく変化がないというケースでは、このようなケースが大多数を占めているものと思います。 しかし、今回のケースのようにサイズを測定したのだけれども、殆ど変わっていないという場合もあるようです。 ネット上での口コミとなりますので、

  • 本当にサイズが全く変わっていないのか
  • サイズは変わっているけどわずかなため不満となっているのか
  • 写真上の変化や、自分自身の感覚として全く変わった感じがしないのか

いずれではあるかはわかりかねますが、このような不満は良くあるといえます。

脂肪吸引の仕組み

「脂肪吸引」は【脂肪】を【吸引】することで細くする手術である

脂肪吸引の手術で効果が出るのは、当然ですが【脂肪】を吸引した場合のみです。 見た目には、太さの原因はというと、【脂肪が多い】からと思われる方が多いですが、実際は【骨格】【筋肉】【脂肪】(お腹の場合は【内臓】も含みます。)のすべての要素が合わさっています。 下のイラストをご覧ください。 脂肪吸引のイラスト2【20161117】 脂肪吸引の手術では、上図の脂肪の部分のみを取り除くことができます。 しっかりと脂肪吸引の細さを実感する為には、脂肪部分をなるべくしっかりと吸引する必要があります。 しかし、脂肪層ギリギリまで吸引しすぎてしまうと、凹凸や色素沈着・潰瘍などのリスクもでてきてしまうため、そのようなリスクにならないギリギリのところである程度脂肪を残す必要があります。 たくさん脂肪を残しすぎると細さに満足ができませんし、取りすぎるとリスクがあるのです。 脂肪吸引の手術は医師の吸引する技術によって結果が変わってくるものになります。 安全にギリギリまでの吸引を行うには医師の熟練した高い技術が必要となる手術になります。 この「安全にギリギリ」という閾値がクリニックや医師により違ってくるのだと思います。

「最新機械だからしっかり吸引できる」という認識は間違い

今回のケースのような不満に繋がらないようにする為には、しっかり吸引を行ってくれるクリニックや医師のもとで行う事が大事です。 広告を見ていると、最新機械(ベイザーなど)の宣伝がされておりますが、そのような機械を用いたからしっかり吸引出来るというものではございません。 しっかり吸引を行えるかは、すべて医師の技量にかかっているといえます。

クリニックの中には手術にランク付けをし、高額な手術料金に誘導するようなケースもあるようです。 ”最新機械”という言葉に惑わされる事の無いよう、十分注意を払う事が必要です。 そして、全ての最終判断は患者様ご自身です。正しい知識を元に、信頼のできるクリニックや医師選びをしていただきたいと思います。

最新の脂肪吸引機器《ベイザー脂肪吸引など》の裏事情の記事はこちら lgf01a201412230500

「吸引前とサイズがかわっていない」のはなぜか

脂肪吸引の手術を受けた後、術前とサイズが変わっていないというお悩みに対して、考えられる原因を紐解いていきます。

1.医師の技術の問題

先ほど、脂肪吸引の仕組みで説明したように、細さをしっかりと実感するには【脂肪層】の脂肪をなるべくしっかりと吸引する必要があります。 しかし、吸引しすぎるとリスクも出てきます。 その為、経験の浅い医師はリスクを回避して、脂肪をたくさん残しすぎてしまう傾向があります。結果、細さを実感することができないということになってしまいます。

まだ、吸引できる脂肪が残っているにも関わらず、しっかりと吸引できていないということはよくあることなのです。 どこまで安全により多くの脂肪を吸引出来るかが、医師やクリニックの技術差といえます。

患者様としては不満に思うかもしれませんが、吸引量が少ないから失敗と言えるものではありません。 あくまで、その医師やクリニックなりの脂肪吸引が、その結果という事にすぎないのです。 そう考えると、クリニック選びや医師選びが如何に重要かという事になります。 脂肪吸引は単純に1本の吸引管で脂肪を吸引していく作業になりますので、その作業の中で、安全に多くの脂肪を吸引していく為には、様々な工夫や医師の熟練した技術により大きな差が出るのです。 また、技術は別として、医師が手を抜いて脂肪を取っていないということもあるようです。 脂肪吸引の手術は、細い管から脂肪をひたすら吸引するというもので、手術をする医師はとても体力が必要となります。 患者様がしっかりと満足するまで吸引をしていくには、時間をかけて丁寧に手術を行わなければなりません。 予約の都合上、時間が割けない場合は、その分吸引にかける時間も少なくなり、結果として吸引量が少なくなってしまうことも考えられます。 また、医師の売り上げノルマがあるクリニックなどでは、ひとつの手術に長時間を使うことができないことも多いようです。 技術と共に、患者様の希望に対して、しっかり向き合うという医師の姿勢も必要となる手術です。カウンセリングでは、医師の診療姿勢にも注意してみましょう。 又、HP等を見て、価格があまりに安すぎる場合や、商売の要素が強く感じるようなクリニックは避けた方が良いでしょう。 誠実に診療を行っているクリニックを選ぶことが必要です。

2.適応の問題

脂肪吸引のイラスト2【20161117】 こちらの図を見て頂いてわかるように、脂肪吸引で効果が出やすい方というのは、脂肪層の部分が多い方になります。 たいていの女性はある程度脂肪がついていることが多いですが、中には、スポーツをされていた経験のある方や脂肪吸引を受ける部位によって、脂肪の部分がほとんどなく、筋肉で太さを占めている方もいらっしゃいます。 そのような方は当然脂肪吸引の効果は筋肉質でない方に比べると少ないと言えます。 脂肪吸引のイラスト1【20161117】 カウンセリングでは、実際に診察の上、筋肉質であるかどうかはチェックしなくてはいけません。 又、筋肉質なりに、どの程度まで細くできるかを医師はしっかり説明する必要があります。 このように、ある程度カウンセリングで、医師とのコミュニケーションが取れていれば、術後の不満にもつながりにくいといえます。 又、このような場合でも、筋肉質に方なりに、その方の脂肪をしっかりとっていく事が出来るかという点が、術後の患者様の満足度に大きく影響するものと思います。 【もともと、脂肪量が少なく、細い方】 実際、脂肪吸引の相談に来院される患者様は、それ程太くない方、もともと細い方もいらっしゃいます。 それ程太くない患者様の場合、吸引出来る脂肪があれば、脂肪吸引による効果は期待できます。

私の経験上で言うと、凄く太い患者様より、通常位の患者様のほうが、仕上がりの足はとても綺麗になると感じております。 (※普通という基準は難しいですね。ご来院される患者様は皆、自分は太いと思っているので。あくまで私どもの基準になります。)

元来、太い患者様の場合、脂肪も多いのですが、長年体重を支えてきたこともあり、筋肉もそれなりに発達している事が多く、凄く細くなったとはいえ、元々細い方が細くなったのに比べると、仕上がりの綺麗さでは及ばない事もあります。 当然吸引量やサイズ変化だけでいえば、太い方のほうが多くの脂肪が吸引出来て、サイズの変化も大きいといえます。 しかし、写真上や、実物の仕上がりとなると、吸引量やサイズ変化だけが関係してくるわけではありません。 元来、細い患者様の場合、サイズ変化は少なくとも綺麗なモデルさんのような足に仕上がる確率も高いような気がします。 しかし、あまりにも美意識が高く、高い理想を求める方の場合、過度な期待を持ちすぎると術後の満足度に繋がらない場合もあります。 スーパーモデルのような体型に憧れを持たれている方や皮一枚にしてほしいという希望を持たれている方など、もともと細く、吸引できる脂肪が殆どないにもかかわらず、より大きな変化を希望される方もいらっしゃいます。 もともとのサイズが小さい分、吸引をして少しサイズダウンをしても目に見える大きな変化を感じにくいということもあります。

このような場合でも、医師はしっかりと診察の上、どの程度細くできるのかを患者様に伝える必要があります。 患者様も医師の説明をしっかり聞いて、納得されて手術を行うのであれば、術後の不満に繋がるリスクは低いでしょう。

【適応がそもそもないのに手術を勧められた】 上記で説明したように、

  • 筋肉量が多く、脂肪がそんなについていない方
  • もともと細く、脂肪が少ない方

など、脂肪吸引の適応自体が少ない、または全く適応がない方がいらっしゃいます。 そのような方には、通常手術はクリニック側からはオススメしないべきですが、ノルマのあるクリニックや売上を重視しているクリニックなどでは、患者様が希望すれば、適応がなくても手術を勧めることもあるようです。 そして手術を受けた結果、変化がなく満足できなかったということもあるかと思います。 上記の事を理解してクリニックを選びカウンセリングを受ければ、今回のようなケースに陥ることは少ないといえます。 最後にクリニックを選ぶ際のポイントやカウンセリング受ける際に注意点をお伝えいたします。

クリニックを選ぶ際の注意点

しっかり脂肪を吸引してくれるクリニックを選ぶ

HP上で見極めるうえでのポイントとして、絶対ではありませんがボディラインの重視を強調しているクリニックや術後の負担が少ないと強調しているクリニックは吸引量が少ない傾向にあります。 「細さを実感できない」とクリニックに訴えた際に、「女性らしい丸みを残しておきました」と言われる方も 患者様ご自身が納得の上であれば問題はないのですが、「女性らしい丸み」のイメージは人それぞれで非常に伝わりづらい概念です。 そのため、「デザインを重視した」「女性らしい丸みを残した」などという診断は、吸引量の少ない医師やクリニックの言い逃れになり易いのです。 しっかり吸引したからといって、ボディラインを重視しないわけではありません。 又、脂肪吸引において、しっかり吸引を行った場合、それなりに術後の負担も出てきます。 最新の機械などを使っているから、術後の負担が少ないなどと説明しているクリニックもありますが、そのような事はなく、吸引量とダウンタイムは比例してくるものであ、と当院では考えております。

「ダウンタイムが少ない」と宣伝をしているクリニックは、吸引量が少ない傾向にあるため、その点を踏まえカウンセリングを受けると良いかと思います。

以下の記事も参考にされると良いでしょう。 脂肪吸引をしたが取り残しがあるの記事はこちら

医療機関として誠実に運営されているクリニックである事

美容外科は商業的な要素が強い傾向にあります。 脂肪吸引は、医師の技術の要素も大きいですが、かなりの重労働ですので、患者様の為に誠心誠意行うという医師の姿勢も大事です。 HPを見ていて、安すぎる価格設定や派手な宣伝など、広告色が強い印象のクリニックは避けた方が無難です。 大手のクリニックであれば、医師によって技量も違うため、「大手だから安心」という考えも、大きな間違いです。

カウンセリングで確認するポイント

1.サイズ測定をしているかどうか

脂肪吸引の結果、サイズが変わっていないといわれる方の中には、

  • 見た目に変化がない
  • 実感できない

という方が多いようです。 そのようなことにならないようには、術前にきちんとサイズを測定しておく必要があります。 脂肪吸引の手術は、手術をした当日にすぐに細くなるものではありません。 術後は、腫れや浮腫みが出てきますし、しっかりと圧迫をして約1ヶ月後に細さを実感することができます。 それまでの間に、もともとの太さを忘れてしまい、見た目の変化を感じられない方もいらっしゃいます。 きちんと適応があり、脂肪層ギリギリまで吸引しているクリニックでは、きちんとサイズ測定も行っているかと思います。 しかし、実際のところ、術前・術後のサイズ測定はしていないクリニックも多いようです。 自己測定では、正確でない場合もありますので、クリニックで術前・術後のサイズ測定をきちんとしてもらえると、見た目や感じ方ではわからない変化も実感できるかと思います。 クリニックがしっかりサイズ測定を行い、明確に術前術後の変化の証明をしてくれるかというのも、カウンセリングで確認するポイントです。

効果がなかったとおっしゃられる方も、実際に測定してみると5センチも減っていた、なんてこともあるんですよ!

2.ご自身が脂肪吸引の適応があるのか、しっかりと見極めてもらっているか

カウンセリングの際に、体の状態をしっかりと診てもらうことが重要です。 服の上からや触診なしでは判断が難しいので、きちんと脂肪がどの程度ついていて、筋肉がどれくらいついているか診てもらえるクリニックの方が安心できるでしょう。 適応が少ないにも関わらず、手術に臨まれる方は、サイズ変化が少ないかもしれないということを念頭に置いておくと術後の不安が少なくなるかもしれません。

3.手術にかかる時間の確認

当院の場合、脂肪吸引の手術時間の目安は通常下記の通りです。

  • 太ももの手術の場合 4時間〜4時間半程度
  • お腹・腰周りの場合 3〜3時間半程度
  • 上腕の場合 2時間程度
おそらく当院以上に、時間をかけて、しっかり吸引しているクリニックはないと自負しておりますので、上記の時間よりは少ない時間を伝えられるかとは思いますが、極端に時間が短い場合は「吸引量が少ない」と認識して間違いないかと思われます。 例えば、太ももの手術を2時間でできると言われる場合は、丁寧に吸引していない可能性もあるので、確認しておきましょう。

決して「最新機械を使用したから、短い時間で終わる」という事はないので、注意してください。

2017.04.14

痩身・ボディ