プチ整形の施術で失敗しないための秘訣一覧

プチ整形とは、メスを使わずヒアルロン酸などでお悩みを解決しようとするもの。
しかしいくら「プチ」とはいえ、医師による適切な判断と技術力が欠けていれば
失敗につながってしまう可能性があります。
「お手軽だから」という安易な発想で施術を受ける前に、正しい知識を得ることが大切です。
プチ整形の施術にまつわる失敗例について水の森美容外科の医師たちが専門的な見地から解説します。

サイト内検索

hagiwara70200_08

ボトックスを打って表情が硬くなった。瞼が重くなった。目の開きが悪くなった。

最近ではスマートフォンやSNS媒体の普及により、一点をじっと見つめることが多くなり、 “額のシワ”“眉間のシワ”が気になるという方も多いのではないでしょうか?通常、表情によってできるシワにはボトックス注射での治療が最適です。しかし、注入を行う医師の知識や技術力がなければ、「表情がきつくなった」「二重まぶたが一重になってしまった」などの失敗に繋がる可能性もあります。今回は、このような失敗が起こる原因と当院での対策について、水の森美容外科名古屋院副院長の西川陽平が詳しく説明させて頂きます。是非ご参考になさってください。

2017.04.09

アンチエイジングプチ整形

> 詳細を見る

111218lip

唇にヒアルロン酸を入れたら大きくなりすぎてしまいました。元に戻せますか。

女性を色っぽく魅せる“厚い唇”憧れを抱いている方も多いのではないでしょうか?たった5分で憧れのぷっくり唇を手に入れれると、ヒアルロン酸でのプチ整形は年齢問わず高い人気を誇っております。しかし、正しい注入量を守らないと「希望よりも大きくなってしまった」「分厚すぎて不自然」といった失敗に繋がる事も。今回は、このような分厚くなりすぎてしまった失敗の原因について、水の森美容外科大阪院院長の田川大地が詳しくご説明させて頂きます。どうぞご参考になさってください。

2017.01.16

プチ整形口元周辺

> 詳細を見る